FC2ブログ
現在の閲覧者数:

HarryHP

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
*    *    *

Information

□ ほんの短い夏《序章中編》 □

――5――

 ――5――
 久宝2年3月。
「惜しい人物だった」
「真に惜しい」
 広間に昨日以上の人々が集まって、榊造酒之丞を偲んでいる。誰もが、会話の最後に「惜しい」という言葉を必ず付け加えていた。
「お酒は足りていますか?」
「はい、奥様」
 台所の下女たちに、麻由美は忙しく指示を与えていた。
「そう言えば、上妻殿を見ませんでしたか?」
 名前を呼ぶと、身体の奥がカッと熱くなるのを感じてしまう。顔に出ないことを、祈るしかない。
「いえ」
「あ、竹林の中を散歩されていましたよ」
「あの人も、結構な人見知りですね。ご隠居様には敵いませんけど」
「ふざけるのはおよしなさい」
 麻由美が諌めると、下女たちはすかさず恐縮した。
 歩き出しかけて、ふと足が止まった。
「石堀詩織様は?」
「さぁ」
 下女たちが首をひねる。正直忙しくて、他人のことを気にしている余裕はない。
「そういえば、詩織様も上妻様を探しておられましたよ」
 一人の下女の声に、麻由美は、胃の底に熱い鉛が落ちていくのを感じた。
――あの二人、逢っているのかしら?

 鷹佐は、谷底にある廃墟の小屋にいた。排水路の工事の際に作られて、その後、放置されている。
 小屋は六畳ほどの広さで、土間と板張りに分かれている。土間には、丸太の椅子が乱雑に丸く並び、壁には錆びだらけの鍬や鋤などが立て掛けられている。板張りには、埃で真っ白な長机があった。その隅に、丸めた図面があった。
 広げて、行燈に近づける。排水路の図面であり、榊造酒之丞と署名してあった。
「あの人は何でもできたのだな、あははは」
 自然と笑いがこぼれた。笑えば笑うほどに切なさが滲んだ。
――なのに、なぜに道を踏み違えた……。


 勝宝8年、夏。
 ダークエルフ族の美女ケレブリアンが、レンバスという焼き菓子を鷹佐に与えた。
「ボーヤの大将は、ボーヤたちの屍を売ったのさ。屍食鬼どもに」
 貪るように、レンバスをかじっていた鷹佐の動きがぴたりと止まった。
「何だと?」
 思わず、レイバスの欠片を口から飛ばしてしまう。
「そして、地下迷宮への入り口を教えてもらった」
「なぜそんなことが分かる? 見てきたように言うな」
 腹が満たされて、元気が出たらしく、むきになって食い下がる。
「見ていたよ」
「え?」
 然も当然とばかりに答えたケレブリアンに、に、鷹佐は声が裏返った。
「ボーヤたちが上陸する前からずっと観察していたさ」
 ケレブリアンは、不敵な笑みを浮かべている。
「……」
 鷹佐は今さながら、自分たちが彼女たちの掌の上で踊っていたことを知り、呆然とする。
「ボーヤたちが野垂れ死にするのは勝手だが、地下迷宮に入られるのか、ちょいと困る」
「……『根』があるのか?」
 目を伏せて、鷹佐が低い声で問う。榊造酒之丞の言葉を思い出していた。
「根? 何だ、それは?」
 ケレブリアンは優美に眉をしかめた。
「違うのか?」
「呆れた。ふふふ」
 鷹佐の強張った顔を見て、ケレブリアンはまるで子供をあやすように楽しそうに笑う。
「説明してあげる。神代の遺産に『夢界』というのがある――」
 ケレブリアンは、歌うような声で語りだす。
「『夢界』とは鏡の中にあり、魂の住処。魂の望むまま、欲しいものは、すべて手に入る楽園」
「……」
 鷹佐は震えながら聞く。
「元来は楽園などではなかった。そこは神々の魂が戦う場所だった。神々はあらゆることをそこで疑似体験していたと云う。しかし、神々が去り、主を失って、夢界はほとんどの機能を停止した。今では、ただ『魔鏡』より知的生命体の心の一部(欲望)を吸い取り、長いながい夢を見させているだけ」
「……」
「聞いているのか!?」
 ケレブリアンが、刺すような視線を向ける。鷹佐は、一つの疑問に戸惑っていた。
「ああ、だが、なぜ、そんなに詳しく説明する?」
「ボーヤたちの大将は、夢界を制御する『思金』へ行くつもりだ」
 『思金』とは、『数多の思慮、思考、知恵を兼ね備えている一本の柱』と神話の中で云われるものである。いわゆる、人工頭脳のことであろう。
「もし、ここの思金が再起動したならば、夢界のバランスが崩れるだろう。本来の目的に邁進するかもしれない。すべての生命体を取り込み、数字に置き換え、幾万幾千の環境の中で戦わせ競わせていく」
 語りながら、ケレブリアンの表情が固くなっている。
「そう楽園は戦場となり、すべての生命体は修羅と化す。そして最後には、最強の巨人が実体化されて、世界を滅ぼしかねない」
 話し終わると、ケレブリアンは顔を鷹佐に近づける。鼻と鼻がぶつかりあった。
「もうわかるな?」
「何……?」
「お前がそれを止めるのだ。それだけが、お前が生き残る道だ」
「……」
 盛大に絶句する。それに十分値する状況であろう……。
関連記事

web拍手 by FC2
*    *    *

Information

Date:2012/04/29
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://harryhp.blog118.fc2.com/tb.php/62-22e7a0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。